菌と共に暮らす。ぬか床にお手入れする共同体(ディスタントネイバーフッド)はじめます。

ぬか床のリズム、はじめます。ウェルビーイングの習慣化に挑戦するスタートアップNestoのKensuke Fujishiroにお声がけいただき、ぬか床のコミュニティ(リズム)をやることになりました。 菌と共に暮らす「ディス…

森のバロック①:南方マンダラの世界をのぞいてみる-無意識の集団記憶や共同幻想が生まれるメカニズム-

「わたしはこの本で、南方熊楠の生涯のうちで「最も深く体験されたもの」、それだけを注意深く取り出そうとした」 南方熊楠の偉人・奇人的人物像や客観的な経歴に関わる文献は多くあるが、論文や書簡に記載された言葉だけでなく、その内…

いのちはのちのいのちへ。被害者・加害者の構図を乗り越える壮絶な水俣病私史(常世の舟を漕ぎて 熟成版 / 緒方正人・辻信一)

「いのちはのちのいのちへ、のちのちのいのちへとかけられた願いの働きに生かさるる」 「チッソは私であった」の著者・緒方正人さんの壮絶な水俣病私史「常世の舟を漕ぎて 熟成版」聞き手・編者 辻信一さん、出版は宗さんの株式会社素…

生命の総体としての土壌、水と空気の通り道、菌糸と磐座(土中環境 / 高田宏臣)

高田さんの「土中環境」生命の総体としての土壌の全体性を踏まえ、抜本的な大地の再生に迫る本。 サブタイトルは「忘れられた共生のまなざし、蘇る古の技」。建築における土中環境の着眼思想(眼差し)と、日本の伝統的な技法を土台とし…

目にみえない存在たちへの畏怖。ぬか床や変形菌に関するおすすめ小説(沼地のある森を抜けて / 梨木香歩, 蛍女 / 藤崎慎吾)

はじまりは、「ぬかどこ」だった。 先祖伝来のぬか床が、うめくのだーーー 最近、ぬか床や菌や微生物の話ばかりしているせいか、ぬか床ライフを楽しむためのおすすめ本ありますかと聞いていただくことが増えたのですが、いつもおすすめ…

菌の声。縁起としての発酵。生命の連環への入り口をひらく。(菌の声を聴け / 渡邊格・麻里子)

タルマーリーの渡邊さんの新著「菌の声を聴け」。 とても面白かった。 面白かったというか、面白いとかを超えて読んでいて胸が熱くなってしまった。 パンやビール、お酒作りなどとは繊細さが全く異なるのですが、日々ぬか床のお手入れ…