わかりあえなさから出発するための入門書(死の講義/橋爪大三郎)

わかりあえなさから出発するための入門書(死の講義/橋爪大三郎)

死への考察というよりも、人の生き死をテーマに、これまで人類に大きな影響を与えてきたキリスト教、イスラム教、ヒンドゥー教、儒教(・道教)、仏教(・神道)、の五つの宗教における死生観を整理してくれるような本でした。橋爪さん節…

ヒューマンスケールを越えて - 頭で「分かつ」世界から生命のリズムや流れと「共にある」世界へ - (鎌田東二・ハナムラチカヒロ)

ヒューマンスケールを越えて – 頭で「分かつ」世界から生命のリズムや流れと「共にある」世界へ – (鎌田東二・ハナムラチカヒロ)

4月くらいからなんだか面白い本との出逢いが多すぎているのですが、週末にいろいろ書き溜めていたものを、順次放出することに。まずはこれ。 ヒューマンスケールを越えて -わたし・聖地・ガイア- / 鎌田東二・ハナムラチカヒロ …

#コロナが気付かせてくれたこと 時代の転換点に思い出しておきたいメッセージまとめ

#コロナが気付かせてくれたこと 時代の転換点に思い出しておきたいメッセージまとめ

COVID-19のパンデミックは大変な事態ではあるけれど、多くの人にとってStayhomeは「本当に大切なことは何か」「本当に必要なことは何か」と向き合う余白でもあったのではないかと思います。日々の暮らし、家族との時間、…