タマリバタケの協生菜園のその後<秋分〜冬至>[シネコカルチャー実験記録⑨]

タマリバタケの協生菜園のその後<秋分〜冬至>[シネコカルチャー実験記録⑨]

二子玉川・上野毛の空き地をコミュニティ畑にするご近所プロジェクト「タマリバタケ
協生農法を実践している協生菜園のその後の記録。

【シネコカルチャー実験記録の記事一覧】
耕作放棄地で協生農法をはじめました[シネコカルチャー実験記録①]
植物は生長に必要な物資を自ら調達する~横に伸びるトマトと協生農法実践マニュアル~[シネコカルチャー実験記録②]
遠野で協生農園を訪問。美しき緑の焚き火。[シネコカルチャー実験記録③]
畝をつくらない区画をつくってみた。[シネコカルチャー実験記録④]
結実過程のドラマ。オクラ、ピーマン、トマト、ジャガイモほか。[シネコカルチャー実験記録④]
全36科87種。Scrapboxで協生菜園の植生リストをつくってみました。[シネコカルチャー実験記録⑤]
二子玉川のコミュニティ畑プロジェクト「タマリバタケ」で協生農法はじまります [シネコカルチャー実験記録⑥]
ベランダでもできる小さな生態系観察。協生プランターのすすめ [シネコカルチャー実験記録⑦]
種から種へ。自家採種を通じてみえてくる植物の姿と枯れの凄み。[シネコカルチャー実験記録⑧]
・タマリバタケの協生菜園のその後<秋分〜冬至>[シネコカルチャー実験記録⑨]
協生菜園で育てた蓼藍で生葉染め、そして種取り。植物の生命力を身にまとう。[シネコカルチャー実験記録10]
・協生菜園に春がきた<タマリバタケの冬至〜春分>[シネコカルチャー実験記録11]
協生農法の生みの親・野人ムーさんのところに行ってきました[シネコカルチャー実験記録12]
無肥料・無農薬でも虫に食われないのはなぜか。混生密生の多様性がもたらす縁起と恵みの実感。[シネコカルチャー実験記録13]
※このブログは、個人の実験的な観察・実践記録であり、公式なやり方や内容を記載しているものではありません。

11月11日
表土の乾燥結構しんどそうでしたので、
苔類シダ類、落ち葉たちにも仲間に加ってもらいました。
落ち葉のお布団の安心感。

11月27日
周囲の木々も紅葉の彩り。
蒔いた種たちが少しづつ芽生えてきます。
ウッドテーブルもできました。
子供たちも元気に走り回っています。


12月24日
参加者の皆さんが新たに果樹や野菜苗などを持ち寄ってくださったので、
協生バタケのエリアを少し広げることに。

12月24日
冬芽の季節。
ブルーベリー、いちじく、スナップエンドウ三兄弟、ローズマリー、カブ、大根。
再生栽培のネギと三つ葉も仲間入り。